地震が怖いからこそマイホームという選択

地震が怖いからこそマイホームという選択

昨日深夜23:08に最大震度6強という大きな地震がありました。

福島県や宮城県を中心に150人を超える方が怪我をされ、各地で断水や土砂崩れが発生するなど、大きな影響が出ているとのこと・・・被害に遭われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

日本は地震大国ですので、日ごろから災害に備えるという意識を持つ必要があるわけですが、 ”住まい” という備えについては、皆さんどうお考えでしょうか?

お住まいの賃貸物件は安全ですか?

一般的な木造や軽量鉄骨のアパートは、新築戸建てや分譲マンションに比べると、耐震性に不安があることはご存知でしょうか?

なぜなら賃貸アパートというのは、基本的に大家自身は住まずに賃料収益を目的としているため、なるべくコストをかけないように建築されているからです。

「地震があるから家は買わない」という方は、地震で家が倒壊することを前提にして話をしているんだと思いますけど、だとすれば賃貸物件と持ち家のどちらが安全かを考えてみるべきです。

賃貸アパートではなく賃貸マンションなら安心かといえば、これもそういう訳ではありません。分譲マンションを借りている場合は良いとしても、賃貸用マンションになると、構造や設備はもちろんメンテナンスも分譲マンションと比べると全然違います。

それでも旧耐震の戸建などよりはよっぽど堅牢な造りとなっているので、安全を気にするのでしたらアパートではなくマンションを借りるべきだと思います。

現在の新築戸建ては耐震等級3がほとんどで、これは住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも最も高いレベルであり、大きな地震を受けてもダメージが少ないので、地震後も住み続けられる住宅となっております。ちなみに警察署や消防署の多くも耐震等級3で建設されています。

震度7の揺れが立て続けに2回起こった熊本地震では、1回目は耐えたものの2回目の地震で倒壊した住宅が多数ありました。ところが耐震等級3の住宅は2回の震度7に耐えていたことが、専門家の調査によって明らかになっています。

このように、安全性を考えるなら賃貸ではなく持ち家の方が圧倒的に有利というわけです。

震災が発生すると賃料はどうなる?

結論から言ってしまえば、賃料は上がります。

地震が起きるとその地域の不動産価格が暴落し、賃料相場も下がるんじゃないかと思ってる人もいるようですが、例えば東日本大震災で被害を受けた仙台市では、震災の前後で2割ほど賃料相場が上昇しました。

これは需要に対して供給が足りなかったことが原因です。津波や倒壊の被害で居住可能な物件が激減したことに加え、復興支援のために仙台へ人が集まったことや、今まで住んでいた賃貸物件に住めなくなった人たちが大勢いたからでした。

その後、災害公営住宅の完成や民間住宅の新規供給が進んだため、特に郊外において空室が増加し、賃料相場は下落していきましたが、震災後2年の間、賃料が上昇していったことは、あの当時仙台で暮らしていた人たちからすれば先行きが不安だったと思います。

これが首都圏で発生した場合、住宅難民の数は仙台とは比べ物にならないため、賃料相場が上がる云々以前に、住まいが見つからないという可能性があります。

そうなってから「マイホーム買っておけばよかった」と後悔しても遅いのではないでしょうか。

自分と家族を護ってくれる盾

現在多くの新築戸建ては耐震等級3です。これは建売住宅でも同じです。

耐震等級3の住宅は震度7が2回来ても無事だったことは先に述べたとおりですが、これは言うならば身を護ってくれる盾と同じです。しかも自分だけではなく、家族全員を護ってくれる大きな盾です。

耐震等級3の住宅は、震度7の地震を防いでくれた後も、少々の補修で住み続けることができます。実際に熊本の地震では震度7を2回も受けたのにビクともせず、現在も住み続けている方がほとんどのようです。

なんせ、耐震等級3の住宅は、熊本地震で倒壊した件数ゼロですからね。

震度7が2回で倒壊ゼロってすごくないですか?

しかも倒壊どころか大破もゼロ。さらに言えば中破すらもゼロ。

だから「地震で家が倒壊して住宅ローンだけ残ったら悲惨」と思ってる人には良く考えてもらいたいんです。こんなに丈夫な家が壊れて住めなくなるような状況であれば、賃貸物件に住んでる人は亡くなってる可能性が高いのではないでしょうか。

どちらが悲惨かは言うまでもありませんよね。なので、もし地震が怖いと思うなら、絶対に新築戸建てに住むべきなんです。

 

新築建売なら仲介手数料無料の弊社からアドバイス

「買わないこと」は震災リスクの回避にはなりません。「地震が来ても生き残る物件選び」こそが、真の震災リスクの回避となります。もし、あなたが「どうしても賃貸がいい」というのでしたら、せめて分譲マンションを借りるべきです。ですが、やはり地震が怖い人こそ、マイホームを買うべきだと思います。その身と家族の命を護るべきためにも・・・。