仲介手数料無料の業者に依頼するデメリットとは?

仲介手数料無料の業者に依頼するデメリットとは?

世の中にはたくさんの不動産会社がありますが、仲介手数料0円を謳って営業しているところはさほど多くありません。

なぜなら大半の不動産会社では両手取引がしたいのです。一回の取引で手数料2件分が当然と考えている不動産会社はたくさんあります。

ところが、最近は仲介手数料無料という業者が出始めてきたため、自分たちの利益が阻害されると非常に警戒している訳です。

そのため「仲介手数料無料という業者は危険」だとか「こんなデメリットがあります」というネガティブな情報発信をしているところも・・・。

それが事実ならともかく、大半は根も葉もないウソだったり、一部の悪質な業者を取り上げて、それがさも全てかのように喧伝していたりするから酷い話です。

そこで、本日は「仲介手数料無料」の不動産業者に依頼することが、本当にデメリットがあるのかを書いていきます。

 

仲介手数料が無料なことによるデメリットはあるのか?

基本的にデメリットはありません。数十万円~の手数料が無料になるのですから、浮いたお金で新居の家具をグレードアップしたり、今後に備えて貯蓄にまわしたりなど、基本的にメリットしかないといっても差し支えないと思います。

それでもあえてデメリットを挙げるとすれば、すべての物件が手数料無料になる訳ではないということでしょうか。

売主側に仲介業者がいる物件は手数料無料にはなりません。また、新築建売であっても、特定の業者を通してしか販売しないところもあるので、その場合も手数料は無料にはなりません。

とはいえ数十万円以上の、物件によっては数百万円もの仲介手数料が無料になるというメリットはとても大きいと思います。

しかし、巷では仲介手数料無料の不動産業者を、まるで悪者のように書いている業者がたくさんおります。

それもそのはず、両手取引(売主・買主双方から手数料をもらう取引)がしたい彼らにとっては、弊社のように買主から手数料を取らない業者は潰したくて仕方がないのです。

仲介手数料無料の業者を批判する不動産業者

仲介手数料無料の業者を批判する不動産業者の主張は概ね以下のような感じです。

「売主からしか手数料をもらわない業者は売主の味方をする」

だとしたら両手取引の場合は両方の味方で両方の敵ということになるのでしょうか?(笑) 取引の仲介において、どちらか一方に肩入れをする業者なんてまずいません。なぜなら契約とは売主と買主が揃わなければ成立しないからです。どちらかに肩入れした結果、どちらかが取引をやめてしまったら、当然ながら手数料は発生しませんので。

また、共同仲介(売主側と買主側にそれぞれ仲介業者がいること)であっても、別に業者間で戦うわけではありません。相手方があまりにおかしな主張をしてくる場合は、当然申し入れをしたり、自分のお客さんに購入(または売却)をやめた方がいいなど意見することもありますが、普通は双方の業者とも売買契約後に紛争が生じないよう務めてますので、わざわざ揉めるようなことを引き起こそうとはしません。

「売主に有利な契約書や重要事項説明書を作成する」

新築建売などの場合、基本的に売主(建売業者)の方から「この特約を入れてくれ」と要求されます。その内容に同意できない客には売らないと言われるため、売主主導での契約になるのが通常です。

また、売主(建売業者)が契約書を用意するところもあります。要するに売主から手数料をもらおうが、両手取引で双方からもらおうが、契約書・重要事項説明書ともに変わらないということです。もちろん売主(建売業者)からの要求があまりに酷ければ是正を求めますが、私の経験上そういった事案が発生したことはありません。そもそも売主が建売業者の場合、品確法や瑕疵担保履行法によって買主は護られていますからね。

売主が出す条件について、買主が了承できなければ話が流れるだけです。もちろん逆もまた然りです。これは新築でも中古でも、両手取引でも手数料無料でも共同仲介でもすべて同じです。売主に有利な書類を作成しても、仲介業者は別に得をしませんし、それどころか買主から不信感を抱かれて契約そのものが無くなる可能性もあります。仲介業者からすれば、そんなリスクを冒してまで売主だけのために動いたりしません。

「数年後には潰れているかもしれない」

数年後も営業しているかどうかは、仲介手数料が無料かどうかに関係なく、どこの会社でも同じことです(笑) こんなおかしなことを主張している会社だって、数年後に潰れている可能性はありますしね。苦しすぎる言い訳だと思います。

「仲介手数料無料の業者はモチベーションが低い」

両手取引にこだわっている不動産会社であれば、当然モチベーションは低くなるでしょうね(苦笑)

そもそも通常の共同仲介(元付・客付による仲介)であれば、手数料は片手が当たり前なのでモチベーションが低くなるなんてことはありません。もしモチベーションが低い営業マンがいたとしたら、それはその会社の給料体系や福利厚生に問題があるのでしょう。もしそういった担当者にあたってしまった場合は、依頼する不動産会社を変更すれば済む話です。

 

新築建売なら仲介手数料無料の弊社からアドバイス

仲介手数料0円業者にも質の良し悪しはあります。住宅ローンを買主任せにして相談にも乗ってくれないとか、雑な仕事をしているところもあるのは事実です。ですが、クラシェル不動産のように、仲介手数料が無料であっても仕事には手を抜かず、最後までしっかりと仲介業務を行う不動産会社も存在します。ネットの情報を鵜呑みにするのではなく、どこの不動産会社に頼むべきかはご自身の目でお確かめになって決めましょう。